ED治療薬の種類と特徴

ED治療薬は大きく分けて3つの種類があります。
最も有名なED治療薬である「バイアグラ系」それとと「シアリス系」「レビトラ系」となりますが、それぞれ服用方法や効果の持続時間、副作用の強さ等が違ってきます。この辺を理解した上で服用しないと、全く効果が得られないばかりか重大な副作用をもたらす可能性もありますので、知人に進められたからといって安易に服用するのは避けるようにしなければなりません。

バイアグラ系のED治療薬

バイアグラED治療薬として1998年世界で初めて登場したのがバイアグラです。それまではED(当時はインポテンツと呼ばれていた)の治療薬というのは存在せず診療療法や日本で言えばマムシやスッポン等の民間療法や精力剤に頼るしかなかった状況がバイアグラの登場で一変しました。
バイアグラの働きは陰茎の勃起状態を持続させ更に硬くするものですので中折れというような性行為の途中で勃起状態が持続出来ないような方や勃起不全というような方への効果が期待できる薬となります。

発売当時は日本でバイアグラを入手するのは個人輸入しか方法が無いのと服用方法や副作用に関する情報も少なかったため色々と問題があった薬でもあります。
発売から20年程経過している薬にもかかわらず服用時の効果は抜群です。当然ですが効果に見合った副作用というのもありますので注意が必要です。

 服用方法 バイアグラ錠は、性行為の前に服用する内服薬です。性行為の約1時間前に服用してください。食事をした後に飲むと、効果が出るまでに時間がかかりますので食事の前に服用してください。バイアグラ錠には25mg、50mgの2種類の錠剤があり、1回に服用できる量は医師に指示された25mgまたは50mgまでです。それ以上飲んではいけません。
 注意事項  硝酸剤(飲み薬・舌下錠・貼り薬・注射・吸入剤など)、抗不整脈薬(塩酸アミオダロン)を使っている方は、決して本剤を服用しないでください。
例えば、狭心症の発作の治療によく処方されるニトログリセリンを飲んでいる方、貼り薬を貼っている方、吸入している方などは、血圧が危険なレベルまで下がり、死に至ることがありますので、絶対に服用しないでください。
 効果 服用後40分ほどで効果が出はじめ、1時間後にピークを迎える。その後、緩やかに効果は落ちていき、服用から3~4時間後にはピークの半分ほどになる。長期戦の性行為には向かないが20代の頃の硬さを取り戻せる可能性が大きい。
 副作用 ・顔のほてり、潮紅
・頭痛
・喉の渇き
・鼻炎、鼻づまり
・彩視症

バイアグラの適正使用方法はコチラをご覧下さい

レビトラ系のED治療薬

レビトラバイアグラの次に発売されたのがバイエル薬品のレビトラです。
レビトラもバイアグラ同様に陰茎の勃起状態を持続させ更に硬くするものですので中折れというような性行為の途中で勃起状態が持続出来ないような方や勃起不全というような方への効果が期待できる薬となります。

バイアグラとの違いは効果が持続する時間と効果が感じられるまでの時間、服用の仕方に違いがあります。
レビトラ20mmだと約10時間。バイアグラの倍以上の時間効果の持続を期待することが出来ますし効果が感じられるまでの時間が20分程度と短く即効性のある治療薬となります。
また服用方法も脂質多い食事で無ければ食事後でも服用することが出来ることからバイアグラよりは融通がきくED治療薬ともいえます。

ここからは個人的な感想ですが陰茎の硬さについてはバイアグラよりも優しい感じがします。バイアグラですと効き目がかなり強いので感覚によっては陰茎が痛くなるくらいの硬さを感じてしまいますが、レビトラに関して言えば硬くなるけどあくまでも自然な状態に感じます。ただ、自然な状態といっても、それまでEDに悩んでいた方や性交中に起こる陰茎の中折れに悩んでいた方にとっては期待以上の硬さを体感できる可能性があると思います。また効果の持続時間にしても人によって違いはありますが10時間以上も持続しますので普通の方であれば十分に実感できるのではないでしょうか。

服用方法 レビトラ錠は性行為をする1時間前に飲んで下さい。空腹時なら20分で効いてきます。
1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上にして下さい。
注意事項 1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上にして下さい。
以下の方は服用しないでください。硝酸剤やHIV治療薬、抗真菌薬、抗不整脈薬を服用している方。レビトラ錠を服用して、過敏症(アレルギー)を起こしたことのある方。心血管系障害などにより、医師から性行為が不適当だと診断された方。先天的に不整脈(QT延長症候群)がある方や、現在、抗不整脈薬を使用中の方。最近6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞を起こした方。低血圧(最大血圧が90mmHg以下)の方。高血圧(最大血圧が170mmHg以上または最小血圧が100mmHg以上)の方。等々。
効果 食前20~30分前の空腹時に服用することをお勧め致します。食後でも効果は得られますが脂質の多い食事を避け食事の量も減らす事が望ましいです。基本的には食事前に服用する事で期待出きる効果を得やすいです。10mgは飲んでから4~5時間ほど効果が作用します。20mgは8~10時間ほど効果が作用します。
副作用 ・顔のほてり、潮紅
・頭痛
・喉の渇き
・鼻炎、鼻づまり

レビトラの適正使用方法はコチラをご覧下さい。

シアリス系のED治療薬

シアリス20mmgシアリスは日本イーライリリー株式会社のED治療薬でバイアグラ、レビトラと同様に勃起の補助。中折れというような性行為の途中で勃起状態が持続出来ないような方や勃起不全というような方への効果が期待できる治療薬となります。

シアリスはバイアグラ、レビトラに比べても効果が持続する時間が長いのと食事の影響が少ないのが特徴となります。
従来のED治療薬バイアグラ・レビトラでは効果継続時間が4~10時間で、更に食事の影響を受けやすい為に服用するタイミングが難しいという声も多くありましたが、シアリスは服用後10mgで20~24時間、20mgで30~36時間という長時間ににわたり作用し、食事の影響も受けにくく一度服用してしまえば効果の持続時間をあまり気にすることがありません。

ここからはまた個人的な感想となりますが、効果の強さに関して言えばバイアグラ>レビトラ>シアリスという感じです。シアリスはマイルドに長時間効き続けるという感じですのでガツンとした陰茎の硬さを求める方には向かない治療薬のように思います。副作用に関してはバイアグラやレビトラに比べると個人的には楽だったように思います(個人差はありますので参考まで)
シアリスの特徴を理解した上での服用であれば、「食事にはほとんど影響されない」また「1日以上の効果が持続する」という大きなメリットがありますのでEDではないけど少しだけ助けが欲しい方とかには良いのではないでしょうか。

服用方法 シアリス錠は性行為をする3~4時間前に飲んで下さい。人によって、又はその時の体調によって吸収の速度が1~4時間と幅があります。
飲んでから10mgで20~24時間、20mgで最大36時間位は作用します。
注意事項 1日の服用は1回とし、服用間隔は[10mg] [20mg]ともに24時間以上としてください。
以下の方は服用しないでください。硝酸剤やHIV治療薬、抗真菌薬、抗不整脈薬を服用している方。レビトラ錠を服用して、過敏症(アレルギー)を起こしたことのある方。心血管系障害などにより、医師から性行為が不適当だと診断された方。先天的に不整脈(QT延長症候群)がある方や、現在、抗不整脈薬を使用中の方。最近6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞を起こした方。低血圧(最大血圧が90mmHg以下)の方。高血圧(最大血圧が170mmHg以上または最小血圧が100mmHg以上)の方。等々。
効果 シアリスは投与後、10mgで20~24時間、20mgで30~36時間にわたり勃起機能を改善する効果が確認されています。また食事の影響も受けにくいとされています
副作用 ・顔のほてり、潮紅
・頭痛
・喉の渇き
・鼻炎、鼻づまり

シアリスの適正使用方法に関してはコチラをご覧下さい

サブコンテンツ

このページの先頭へ